アートランドのリフレッシュ住宅の登録免許税の税率軽減について

一般住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置が、平成32年3月31日までの取得について、延長されました。 法務局HP 税務署

既存住宅の購入の際に必要な所有権移転登記については、本則2.0%が0.3%に、さらに、宅建業者が既存住宅を買い取り、一定の良質なリフォームを行った住宅を個人が購入した場合には0.1%に軽減されます。

アートランドのリフレッシュ住宅は、この場合の0.1%優遇が適応されるための良質なリフォームを実施し、優遇を受けるための要件をクリアしています。(ただしこの特定増改築等がされた買取再販住宅の取得に係る税率の適応は平成30年3月31日まで)

また、アートランドのリフレッシュ住宅は、築20年を超える木造一戸建て、築25年を超えるマンションでも、既存住宅瑕疵保険に加入しインスペクションに適合しているため、住宅ローン減税の対象となります。

さらに、瑕疵保険に加入していることで、すまい給付金の対象に加えて(所得制限あります)、40歳未満の方のご購入においては国からの補助金の対象となります。(申請締め切り:平成29年9月7日、詳しくは営業担当までおたずねください)

このように、アートランドのリフレッシュ住宅は、まさに国の既存住宅の流通促進の政策に合致しており、既存住宅を検討される際の賢い選択になるでしょう。